朝日・白鳥ペア、愛知オープンに続き2大会連続優勝

朝日・白鳥ペア、愛知オープンに続き2大会連続優勝ファイテンJBVツアー第2戦東京オープン最終日、男子決勝は北京五輪代表の朝日健太郎(CHINTAI)、白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)ペアが、オーストラリアから参戦のCarey Dan、Kapa Isaacペアを打ち破り頂点に立った。開幕戦の愛知オープンに続き2大会連続優勝となった。女子決勝後、雨の中の男子決勝となり、正直なところ観客は減ってしまったが、それでも多くのファンが居残り熱い声援を送った。白鳥は「男子も熱いで す!」と観客にアピールしていた。

○朝日/白鳥 2(21-18,21-13)0 ●Dan/Isaac


    朝日・白鳥ペア、愛知オープンに続き2大会連続優勝